整体と心理カウンセリングを同一人物が行う驚異のメリット

BBトレーナー メンタル・ストレス

BBトレーナー

こんにちは。
代表の渕脇です。

弊社が育成し、クライアント企業様に出張させていただいているBBトレーナーは、整体と心理カウンセリングの両方の技術を習得しているのが特徴です。

すなわち、フィジカルトレーナーとメンタルトレーナーの両方の役割を、同一人物が担っているのです。

同一人物が整体と心理カウンセリングの両方を行うメリットはものすごくたくさんあります。
しかし、そのメリットはすぐには思いつかないようなことなのです。

私自身、整体師として長く活動してきましたけれど、産業カウンセラーの資格を取ってからそのメリットに気がついたくらいなので、整体師でもない心理カウンセラーでもない方々が、そのメリットをすぐに理解することは無いと思います。

ですから、この記事では、そのメリットについて書いてい見たいと思います。

同一人物が整体と心理カウンセリングをやることのメリット

整体師だった私が心理カウンセラーになって感じた、「同一人物が整体と心理カウンセリングを行うメリット」をまとめると、以下のようになります。

  1. 心理カウンセリングを受ける際の心理的な抵抗感が薄れる
  2. 整体であれば気軽に受けてもらえるので早い段階での対処が可能になる
  3. 精神疾患の予防に効果的
  4. 心理カウンセリングを受けたことを周りに知られずに済む
  5. 身体がリラックスすることで心理的な視野が広くなる

心理カウンセリングに対する抵抗感が薄れて早期に対処できる

日本では心理カウンセリングを気軽に受けるという文化がないので、心理カウンセリングを受ける際に感じる心理的な抵抗感がとても大きいと考えています。

誰にも言えないような悩み事を、見も知らぬ赤の他人に相談するというのは、よっぽど追い詰められたような状況でなければ、なかなかできないことだと思います。

もっと言うと、心理カウンセリングが一般的になっていない現状では、追い詰められたとしても、カウンセリングを受けるという選択肢を思いつきません。

私自身がうつ状態に陥った時にも、カウンセリングを受けようなどという発想は思いつきませんでした。

ところが、カウンセラーになってから、いろいろなカウンセラーの方と話す機会もあるのですけれど、みなさんが口々におっしゃることは、「もっと早い段階でカウンセリングを受けてほしい。」ということです。

しかし、前述のように、心理カウンセリングを受けるということが一般的なことであるという認識がない日本においては、早い段階でカウンセリングを受けるということを望むのは難しいのではないかと考えています。

確かに、予防という観点から言えば、気軽に専門家に相談するのが良いと思います。
ちょっと悩み事があって困っている、という段階で相談してくれれば、そこで解決することができるかもしれません。

しかし、にっちもさっちもいかなくなって、身体にも症状が出てきてしまってからだと、いろいろと厄介なことになってしまいます。

できれば、もっと早い段階で相談したほうが良いのは確かです。

しかし、整体であれば、もっと早い段階で受けることができます。
肩こりや頭痛、眼精疲労がひどいとか、眠れないことが多いとか、そのくらいの段階で整体を受けるだけで、気持ちが楽になったり、雑談的に整体師に相談することもできると思います。

また、整体を受けることでトレーナーと顔見知りになって、この人にならカウンセリングを受けてみても良いかもしれないと思うようになるかもしれません。

すなわち、心理カウンセリングを受けるまでの前段階として、まずは整体を受けてみるということもできるということです。

心理カウンセリングを受ける際の、心理的な抵抗感を和らげることができ、早期に対処できるようになるのです。

早期に対処できるようになることによって、精神疾患の予防に一定の効果が出るのです。

心理カウンセリングを受けたことを周りに知られずに済む

心理カウンセリングを受けたことを周りに知られたくない、という方もたくさんいらっしゃいます。

特に、職場に出張でカウンセラーが出かけていく場合、面談を受けたことを周りの同僚や上司に隠しておきたいと思う人は多いと思います。

ところが、同一人物が整体と心理カウンセリングの両方を行う場合、整体を受けたのかカウンセリングを受けたのか、他の人物に知られることはありません。

もちろん、BBトレーナーは守秘義務を負っています。
ですから、相談を受けた内容はもちろん、相談を受けたこと自体も、相談者の許可なく外部に漏らすことはありません。

相談室の中で、整体を受けながら相談をした場合、相談をしたこと自体を周りの人に知られることはありません。

これは、大きなメリットだと言えます。

身体が緩むと心理的な視野が広がる

心と身体は表裏一体で、ともに影響をしあっています。

心が緊張すると、身体が緊張します。
身体が緩むと、心も緩みます。

悩み事を抱えている状態というのは、心理的な視野がとても狭くなっています。
このような状態では、なかなか、問題解決の糸口をつかむことが難しい場合があります。

しかし、整体を受けて身体が緩むことによって、心理的な視野がほんの少しだけ広がることがあります。
この、ほんのわずかの視野の広がりによって、今まで見えていなかったものが見えるようになり、そこに問題解決の糸口を見出すことは少なくありません。

これが、整体と心理カウンセリングを同時に受ける最大のメリットだと言えると思います。

この効果はすさまじく、私自身もカウンセリングの技術を習得してから初めて、その威力を実感して驚かされることが多々ありました。

整体と心理カウンセリングが同時にできるのがBBトレーナー

弊社が育成しているBBトレーナーの最大の特徴は、整体と心理カウンセリングが同時行えるということです。

整体の技術も、痛くなく、気持ちが良く、心がリラックスできる技術を習得しています。

身体の面からも、心の面からも、真の意味でリラクゼーションを得られて、心理面における問題解決を導くことができるように、訓練されています。

このような技術を併せ持っている施術者を出張させているのが弊社の特徴となります。

従業員の健康が気になる。
メンタル疾患を予防したい。
従業員のコンディショニングを重視したい。
健康経営を推進したい。

BBトレーナーは、以上のようにお考えの経営者の皆様のお力になれると信じています。

興味のある方はお気軽にご連絡ください。
こちらから、詳しく説明に上がります。

タイトルとURLをコピーしました